セブ島でUber使ってみた!初めての国の旅行や外国語に自信ない方はオススメ!

タクシーに乗る際、ドライバーに行き先を伝えてもなかなか伝わらなくて四苦八苦したこと。あるいは、変なタクシーに乗ってボッタくられたり、騙されたりしないだろうか?

 

実際私が海外旅行に行って経験した思ったことです。

 

海外旅行はそんな体験や思いも楽しいうちのひとつなんですが、毎回は嫌ですよね。そんな小さな悩みをこれは解消してくれるかも?と思い、今回のセブ島旅行で初めてUBERを使ってみました。その方法や詳細をお伝えします。

UBERとは?


アメリカ生まれのスマートフォンで手軽にハイヤーやタクシーを呼べる配車サービス。それが「Uber(ウーバー)」です。

スマホで今いる場所に迎えに来てくれたり、車種を選べたりとサービスはいろいろあって便利そうだとは思ったんですが、日本では自宅に迎えに来てくれるタクシーがあるし、使うことがありませんでした。ですが、今回の旅行で試してみようと思ってたので実際使ってみました。まだスマートフォンやタブレットにUberのアプリを入れていない方はこちら↓ ↓

Koichi 様から、Uber 無料乗車(最大 ¥1,500 まで)のプレゼントです。お受け取りになるには、こちらのリンクからご登録ください: https://www.uber.com/invite/9u6m5mcaue

 

セブ、マクタン国際空港から目的地をセット

セブ マクタン空港に着いて入国手続きの前にまず空港のFreeWI-FIに接続。荷物を受けたら早速アプリを開いて現在地はマクタン空港、行き先をホテルにしてセットして「UberXを依頼する」をクリック。待ち合わせ場所もドライバーも選べました。

そして配車手配完了。

 

見つけるのは車種でなくナンバーで

アプリの下の方にドライバーの顔写真とその横に数字がありますので、その数字はナンバーなのかな?と思ったんですがドライバーの評価でした。その横の□で囲われた番号が車のナンバーした。その番号の車に声を掛けて乗車。

どんな経路で進んでいるのかも、Wi-Fiを持っていればアプリ上で車が動きます。すごいですね。



挨拶程度で会話なし

スーツケースをトランクに入れてもらい出発。目的地はアプリで指定しているので言葉を交わすことはありませんでした。すごい楽(笑)。
今回は空港から近いホテルを頼んだので金額は70ペソ(日本円で約160円)。支払いはアプリ登録の際に入力しておいたクレジットカードで引かれます。金銭のやり取りをしないとこもいいですね。

ドライバーの評価と領収書

目的地に着いて、ドライバーへの評価をアプリが求めてきました。可も不可もなかったんで★4つ。その後領収書もアプリに届きましたよ。

まとめ

使ってみた感想はとにかくわたしは英語がまったくダメなので、目的地を伝えたりすることもなく、またお金のやり取りをしないというところがすごくいいなーと思いました。旅先や、自分の位置がいまいちわからない時なども使えると思います。Uberは今世界中に広がり、多くの国で使えるようになっているようなので、今後も活用していきたいと思いました。

人生は一度きり!世界旅行をライフワークにしてVIVIDに生きる方法♪