スタッドレスタイヤでも滑ります!雪山旅行ならチェーン携行を~(付け方説明あり)

いよいよ冬本番!ここ数年、東京や神奈川でも
大雪に見舞われることが多くなってきました。

 

「冬にはスタッドレスタイヤを履く!」というのは
スキーやスノーボードが趣味の方であれば普通ですが、

 

冬山に行かない方でも毎年冬にはスタッドレス
タイヤに履き替える方も増えてきたとか。

 

ただ、スタッドレスタイヤも万全ではありませんよ~。

アイスバーン(氷ってる道)や雨の日には滑るんです。

 

怖いのが、アイスバーンの上に雪が降っている時の坂道。

 

ちょっとしたハンドル操作や、途中で止まった
時なんかは滑って登っていきません。

 

そこで、チェーンを持っていると安心です!
私は価格もリーズナブルな金属製を車に入れています。

このチェーンはうちの奥さんも簡単に装着できる
ので女性のドライバーにもおすすめですよ。

 

説明書も入っているんですが、最初はちょっと
分かりずらいのでコツも交えて付け方をご説明します。

①まずケースから出して広げます。チェーンが絡まっている場合、それをきちんと解きます。こことっても大切です!

②タイヤの裏側に青いコード(一部オレンジ色)を通していきます

③で、タイヤの奥で青いコードとオレンジ色のコードを繋ぎます。

こんな感じ

④繫げたコードからのチェーンをタイヤに沿って手前に引っ張ってきます。

⑤黄色のチェーンを手前ではめます。

こんな感じになります。

⑥そろそろ仕上げです。緑のチェンを赤いフックにかけ、

⑦他の赤いフックにも引っかけていきます。

⑧最後の赤いフックに緑のチェーンを引っ掛けたら、ゴムが付いてる最後の部分を一回黄色のチェーンにくぐらせます。外れにくくするためですね。

⑨弛みをできるだけ無くすようにして、最後にいい位置でゴムフックの部分を黄色のチェーンに掛けます。

⑩装着完了です。あとはもう片方のタイヤにも履かせ、タイヤにチェ―ンをなじませる為に10m~50mくらい走って、緩みがあれば締めればOKです。

※注釈1)実際に装着時は周りが雪でしょうからゴム手袋があった方がベターです。

※注釈2)ゴム製のチェーンもありますが、結構高価だし、劣化も考えられるので金属がオススメ。ただ、使い終わったら、なるべく早めに洗って天日干しすること。錆びますからね。