これだけで3倍は楽しめる!?初めてのタイ旅行で覚えた5つの挨拶ことば♪

50代、正確に言うと49才から大好きな趣味である(海外)旅行を生涯のライフワークにしよう!と決め、

海外には年3~5回ほど、国内は趣味のスキューバダイビングやサーフィン、スノーボードを絡めていろんなところに旅しています。

今回は初めてのタイ・パタヤ&バンコク旅行中、いくつかタイのことばを覚えましたが、この言葉たちで旅行が2倍、いや3倍くらい楽しくなったのでご紹介いたしま~す^^。



1.サワッディーカップ(สวัสดี ครับ/ค่ะ)


「おはよう・こんにちは・こんばんは・さようなら」等、万能なことばがこれ^^。タイのスワンナプーム空港で飛行機を降りる際にCAさんからもこの言葉を掛けられました。

朝昼晩に使えるのが楽ですね(笑)。タイ語が話せなくても、会った人やお店などで挨拶するとほとんど笑顔で返答してくれました。さすが笑顔の国です^^。

ちなみに~カップってつく言葉が多いですが、~カップ(クラップ)は男性。女性は語尾に~カーってなります♪。疑問文や呼びかけの場合は、語尾が上がるようです。

2.コープクンカップ(ขอบคุณ ค่ะ/ครับ)


「ありがとう」ですね^^。これも頻繁に使います♪。話す時はコップンカップってなる感じかな?

3.アロイカップ(อร่อย ค่ะ/ครับ)


「美味しい」です^^。本場タイ料理はほんと美味しかったです♪。この言葉連発しましたw。

4.ジェップカップ(เจ็บ ค่ะ/ครับ)


タイと言ったらタイ式マッサージですよね^^。先輩にマッサージ店に連れて行って貰ったときに教えてもらいました。

「痛い」の意味です。私は日本でほとんどマッサージを受けないからか、普通にされても「痛い」と感じることが多かったのでよくこれを使いました(笑)。

5.ニータウライカップ?(อันนี้เท่าไหร่ คะ/ครับ)


買い物に行った時に使うのがコレ♪「いくらですか?」です^^。

ちなみに「高い」はペーン!で、「安くしてよ!」がロッタイメン!だそうですが、買い物あまりしなかったので使う機会はありませんでした(笑)

どこよりもお得!しかも贅沢に世界旅行?

いかがだったでしょうか?やはりその国に行ったら、その国のあいさつ言葉は覚えた方が楽しめますね~♪。

さて、わたしは世界旅行をライフワークにしよう!と決めてからいろんなところに行っていますが、その大半が【どこよりもお得!しかも贅沢な旅行】ツアーです。

このツアーは世界各国の現地集合・現地解散型ツアーで宿泊は世界各国で有名な4つ星・5つ星以上のホテル!

その他例えば空港からホテルまでの往復送迎、食事、市内観光、アクティビティ、ホテルで使用できるクレジットなどが付いています!

ツアー金額はこれだけ付いて1泊分ほどのお値段!しかも、楽しく旅行をしながらそれが出費だけではなく、なんと【収入】にすることが可能なんですよ~^^