感動が感謝の心を養う!コタキナバルの素晴らしい自然に触れて思った事5選

人間に生まれ地球に生まれたことを「楽しみ」「喜び」、そして「感謝」し温かく生きる!

40代後半から海外には年3~5回ほど、国内も趣味のスキューバダイビングやサーフィン、スノーボードを絡めていろんなところに旅をし、同時にそれをライフワークにしています。

今回は去年4月マレーシアのボルネオ島、コタキナバルに行った際、素晴らしい自然に触れて思った事をまとめました。

海に沈む夕日はやっぱりいい


コタキナバル旅行で楽しみにしていたひとつが夕日を眺めることでした。普段、海に沈む夕日は観れないですからね^^。ただ、あいにく一日目は曇り。半ばあきらめていたんですが、最後の最後で少し観ることができました。やっぱり海に沈む夕日は格別ですね。

海の碧さで心がスゥーと


南の島と言えば海。やはり碧さが違いますね~。眺めているだけで心がスゥ~となる感覚♥。何物にも代えがたい気持ちよさがありますね。

あれ?いつもと月が違う!?


3日目にコタキナバル市街から車で2時間以上かけてジャングル?に行きました。テングザルに会って蛍を観るというオプショナルツアーです。日が暮れ始めて辺りが暗くなってきてお月さまが見えたのですが、いつもと何か違う!。そう、下弦の月だったんです。感動しちゃいました^^。

地球に住んでいるのは人間だけじゃない


2日目にプライベートビーチで一日遊びました。そこでシュノーケリングセットを借りて海に潜ったんですが、魚がいっぱい^^。なぜか思ったのが「地球に住んでいるのは人間だけじゃないんだ」という不思議な感覚。自然にもっと関心を持たなくちゃって気になりました。

まさにいま「旅」することが大事!


ジャングルクルーズではこの夕日を見て心が震える思いをしました^^。

世の中はIT革命によってどんどん便利に、しかも効率的になっています。

少し前まではこの革命が生活を楽にし、快適にし、且つみんなが幸せになると思っていましたが、現実は・・・・・。

まさにいま「旅」をして非日常空間の中に身を置き、これからの生き方を考えるべき時が来ているんだと思います。

自分にとってのしあわせとは何か?これからどう生きて行こうか?「旅」をして「感動」することが感謝の心を養い、それが無形資産として自分の中に刻まれていきます。

その蓄積が、この便利過ぎる世の中で唯一自分を失わず、また確固たる信念を作るきっかけになります。

その「旅」をもっと身近に、そして自由にする方法をお教えしています!!

↓ ↓ ↓

旅好きな方の必須アイテム!世界旅行をライフワークにする方法!