旅VIVIDライフにAirBnbを組み込んでみようと思います

「新しい年」のはじめは新しいことをする絶好のチャンス!あれしたい~、ここに行きたい~など夢が広がる時でよすね。みなさんは今年何か新しいこと、なにか始めますか?

私は今年同様、旅を日常に組み込み、旅をライフワークにして溌剌と鮮やかに生きる「旅VIVIDライフ」を推し進めていくわけですが、新しい取り組みとしてairbnbを使ってみようと思っています。
airbnbって何なのかって思う方もいるかもしれないのでサイトからの引用させて貰いました。

 

Airbnb(「エアビーアンドビー」2008年8月創業、本社・カリフォルニア州サンフランシスコ)は、世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯やタブレットで掲載・発見・予約できる信頼性の高いコミュニティー・マーケットプレイスです。

アパートを1泊でも、お城を1週間でも、ヴィラを1ヶ月でも、Airbnbはあらゆる価格帯で世界191ヶ国34,000以上の都市で人と人とをつなぎ、ユニークな旅行体験を叶えます。世界一流のカスタマーサービス、成長中のユーザーコミュニティを抱えるAirbnbは、空き部屋を世界数百万人に披露し、収入に変える最も簡単な手法なのです。 法人の名称: Airbnb Ireland 法人の代表者: Brian Chesky(ブライアン・チェスキー) 連絡先: c/o 0800 100 1008 所在地: The Watermarque Building, South Lotts Road, Ringsend, Dublin 4, Ireland

https://www.airbnb.jp/about/about-us

いわゆる「民泊サービス」ってことですね。

そもそも私がこのairbnbを知ったのはずいぶん前です。私は本業が不動産賃貸業なので、何かと話題になっているaiebnbに興味があったので、知りたいなって思っていた時に「airbnbはビジネスとしても今がチャンス」的な広告があって、おもしろそうだなって思ってその広告からセミナーに行ってみたのがちょうど去年の夏でした。

そのセミナーでは「今、airbnbが熱いんです!稼げます!」という類の言葉を連発(笑)。airbnbでも貸す側ホストの方の話です。でも部屋を貸す「民泊」って話題にはなったけど日本ではまだ法制化されていません。その辺は大丈夫なのか?って聞いたら「グレーです」って答えでした。

結局は「グレー」な部分なんだけど、今はほとんどやっている人がいないので今がチャンスだということで、最後には物件の紹介から運営やサポートをするために「塾」に入ることを勧めるバックエンド商法だったのでそそくさと帰ってきたわけですが。

そんな状況なので「ホスト」になるには今だとちょっと壁があるので、まずは「ゲスト」で使用してみようと思っています。年に数3~4回は海外に行く際に利用してみるのも新しい体験でワクワクします。

こんな声もあります
そして「ホスト」側にもこんな話が・・・。

いずれにしても旅VIVIDライフにAirBnbを組み込んでみようと思いま~す。